トップ > 生地の切り売りとは > 生地についての注意点

生地についての注意点

生地幅について

生地幅とは生地の横幅のこと(下のサンプル図参照)。
生地によって異なりますので、ご注文の際は事前にご確認ください。
いくつかの注意点がございますので、ご理解いただければご注文と生地のご活用に役立ちいただけます。

多くの生地は約145~150cm前後の生地幅ですが、生地幅は生地によって異なります。
商品詳細ページにも記載がございますが、生地幅は常にメーカー公式表示通りの正確なものではございません。
生産時期によって生地幅は若干変化することがあります。
場合によっては、メーカー公式表示から約1~5cm程度前後します。

カーテンのご注文など生地幅以上の大きなサイズが必要となる場合は、
「幅継ぎ」という生地を横に縫い合わせる縫製が必要になります。
ご希望の生地の生地幅は必ず商品詳細ページ(ご注文ページ)で記載をご確認下さい。

耳部分について

生地の耳部分とは、生地の両端にある左右約2~5cmほどの空白部分のことです。
下記の画像のように、耳部分はメーカー名やデザイナー名、洗濯絵表示などさまざまなプリントがあります。
どのような記載がされるかは、メーカーや生地の種類によって異なります。
また、一部の生地には耳自体がない場合もございますので、必ずしも耳部分があるものではありません。

耳部分には汚れや細かな小さな穴が存在している場合もありますが、品質不良に該当するものではございません。
なお、耳部分についての生地裁断のご希望はお応えできませんので、あらかじめご了承ください。

柄のゆがみについてについて

生地をご注文いただきお届けした後、「裁断が歪んでいる」とのご指摘をいただくことがありますが、 柄プリントそのものが最初から歪んでいることがあり、裁断が歪んでいるわけではありません。 直線上に柄が並んでいない場合、真っすぐ裁断しても柄が切れてしまうことがあります。


ページトップへ